証券口座の選び方

FXにおいては、証券会社というよりも、FX口座とかFX取引業者と
いう言葉の方がわかりやすいかもしれません。勿論、証券会社でも
扱っていますので、証券会社と
FX取引業者って違うの?とか考えな
いで下さいね。

以下、FX口座で説明していきます。

判断基準は4つのバランスです

私はバランスという言葉が好きですし、やはり何においてもこのバ
ランスが重要だと思っています。なので、自分にあったFX口座を選
ぶ際にも、バランスを重視するといいのではないでしょうか。

ハッキリ言って、どこのFX口座がいいのか、ズバ抜けてここが1番み
たいなところはありません。各社、力を入れているポイントが異なる
ので、それらをしっかり理解すると良いでしょう。

それでも、大きな差はさほどないのが現状です。携帯電話会社3社の
ように、料金体系、本体のデザイン、CM、電話状況、などほとんど
変わりませんよね?

ちょっと前は、ソフトバンクにしかiphoneって無かったけど・・とか
、電波がね・・・とか、ドコモにもimodeなんていうコンテツもあり
ました。それでも、今は、本当に全くと言っていいほど同じですよね

実は、FX口座もそんなもんだと思って下さい。金融で例えるなら、
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行と例えてもいいかもし
れません。とにかく、覚えて貰いたい事は、どこのFX口座を選んで
も、大体同じだけども、ほんの少しだけ特徴があるよという事ですね。

 

それでは、判断基準4つを説明します

 

① 会社の信用度

これは、会社の規模という事です。例えば、資本金とかグループ会社
とか、設立何年目なのか(継続性)とか提携銀行は何社くらいあるの
か等です。

その他、口座開設数であったりとか、取引量であったりとか、新規口
座開設数とかですね。よくCMで、うちの会社は業界NO.1というのを
見ますが、何のNO.1かはさておき、大抵はそれなりの会社ではないか
と思います。

ただ、問題は海外のFX口座です。これは、何とも調べようがなく、小
さな会社も多いのですが、その見分けが難しいと思っています。

会社の信用度をどうして気にするのかというと、それは、破綻した際
に口座にあるお金がしっかりと手元に戻って来るのか?という事に尽
きると思います。

通常、証券会社は、お客様の預かり金と会社の資産を別に保管するな
ど、各国で厳しく規制されています。日本では、信託保全と言って、
仮に会社が倒産したとしても預かり金は100%返金される仕組みがあ
ります。

では、海外では?となると、各国異なるので全て把握しきれていませ
ん。ただ、海外の方が日本よりも、分別保管と言って、仕組みそのも
のは優秀です。

しかし、それでもトラブルはあります。

具体的には、私の友人がアメリカのFX口座を開いたところ、1度も取
引せずに会社が倒産してしまいました。仕組みは優秀ですので、破産
管財人(会社の資産を管理し債権者に分配する人)から手紙が来たそ
うです。

内容は、間違いなく返却していきますが、アメリカ人優先の為時間が
かかりますと。3年経って、約4分の1が戻ってきているという事でし
た。勿論、今後も返済は続きますし、騙されたわけでもなんでもなく
、仕組みそのものは立派で公平に手続きが進んでいます。でも、実際
に皆さんはこの状況をどう感じますか?

それから、日本では倒産した場合、信託保全があるので100%返却され
ると話しましたが、その国の法律により2000万円までは保証しますと
いう国もありました。銀行のペイオフ制度のような仕組みですね。

私はそれを知らなかったのですが、口座開設の際に英語でその規約が出
てくるそうです。でも、規約って皆さん事細かく見ますか?見なくては
いけないのはわかっていますが、それが英語となると・・とか、説明の
言葉が難しくて・・というのが本音でしょう。

最近は、海外のFX会社でも日本語のページを用意していますので、その
辺りは改善されていると思いますが、根本的にその国の法律を知らない
と、万が一の時に困る事になります。

ここまで読み進めてもらうと、国内の方が良いのではないか?と偏った
意見になってしまいますので、誤解を与えない為にも言っておくと、シ
ステムそのものは海外の方が進んでいます。

それから、実際に、倒産したという会社はそれほど多くありません。更
に大手の海外FX業者で返金されなかったなんて話も、正直聞いた事がな
いのが現状です。

その他、近年、日本の企業が、海外のFX業者のシステムを借りて、独自
運営をしている証券会社も増えました。これは、ホワイトラベルという
仕組みで、ゼロから証券会社を設立するよりは、遥かにコストが抑えら
れる為です。

ただ、実際には独自という事はなく、ほぼほぼ海外の会社と一緒という
のが現状だと思います。であれば、借りている分のコストがかかります
し、そもそも証券会社を作るほどの資金がないという事ですから、親会
社と比較した場合、会社の信用度は比べられませんよね。

それでも、岩井コスモ証券(GFTのシステム)、エイチエス証券(GFT
のシステム)のような日本国内で証券会社を運営しているところは、独
自のサービスを展開出来ると思いますが、株式や投資信託がメインで、
FX口座を提供していない会社が多いです。

勿論提供している会社もありますが、現状としては、FX口座のホワイト
ラベルは、本当に小さな会社で、資本金も掲載されてないほどの、どん
な会社か全くわからない業者が多いです。(私の友人も運営しているの
で、あまり批判はしたくありませんが・・汗)それらを考えると、海外
の会社に直接開設するというのが一般的ですよね。

少し、話が複雑で長くなりましたので話の途中になるのですが、この辺
りで〆ます。とにかく、覚えておいて頂きたい事は、会社の信用度はお
そらくは海外の方があると思います。

ただ、それを確認する術(英語であったり、各国の法律であったり)が
ないし、あっても面倒というのが現状だと思います。また、日本国内で
は、それなりに良い会社はあるけど、小さな会社も多く、中々その見分
けがつかないという事です。


② 約定率(スリッページ・滑る滑らない)

約定というのは、オーダーが決定するという事で、例えばドル円を1
00.000
円で買うという注文を出して、その価格で買った(約定した)と
いう事です。

何言っているの?と疑問を持つかもしれませんが、100.000円で買い注
文を出しても、100.000円で買えず、注文そのものがキャンセルになっ
てしまう(約定しなかった)という事が当たり前に起こります。

なので、しっかりとしたサーバーを用意してくれているFX会社なのか
は、もの凄く重要になります。①で会社の信用度という話をしましたが
、サーバーにお金をかけられない会社は、おのずと約定率も悪いです。

ただ、これはある程度は仕方のない話で、どうしても超大手の企業には
勝てないですし、サーバーも日進月歩で常に進化し続けています。どこ
よりも早く約定するように競い合ってますから、それに負けると、どう
しても約定出来ないのです。

その為、多くのFX会社では、始めからスリッページ(注文とは異なる価
格だけど、自分で決めた範囲内であれば約定して下さい)の有無とその
範囲を決められ、
100.000で買い注文したけど、100.010円で約定させ
るという事が、現状です。これがスリページの範囲で、おおよそ、
1pp~無制限まで決められます。

もう一度、具体的に例えると、スリッページの範囲を5ppsと設定した
場合、
100.000円で買い注文を出した場合、100.050円までは許容する
ので、そこまでに約定して下さいという事です。

ですから、100.010の時もあれば、100.030の時もあり、5pps内であれ
ば約定を優先し、注文のキャンセルはしませんという事です。

更に具体例をもう1つ出すと、スリッページを無制限にした場合のスト
ップでは、
100.000で損切り(損失を確定)すると設定していたにも関
わらず、相場が急に変動し、ストップが
99.500で約定した(50pps滑っ
た)という事も考えられます。

この場合、無制限に約定を何よりも優先するという事です。勿論、
100.000でストップにかかる事もあれば、99.9802pps滑った)で
ストップにっかることもあり、
99.500でかかるような事もあります。

ここでよく問題に上がるのが、スリップ(滑る)する事はある程度仕
方ないと理解できるのですが、自分にとって、有利な方(利益が出る
)は滑らず、不利な方(損失が増える)は滑るという業者が結構多い
事です。

具体的には、100.000円で買っていたものを、100.500円で決済しま
すという注文を出した場合、急な相場の変動があっても、しっかり
と滑らず100.500円で決済されているにもかかわらず、逆に99.800
ストップに対しては、99.7505pps
も滑り、余計な損失を出してし
まったという事が多くあります。

上記の事は多くのトレーダーが経験している事で、これらはサーバ
ーが弱いという説明はおかしいですよね?実際に、裁判にまで発展
したケースもあるくらいです。

では、なぜこのような事が起きるのか?というと、
それはノミ行為(※1をしているからです。日本のFX業者は
100%ノミ行為をしていると言われています。

私も実際にそう思っています。本当に腹立たしいです。

この問題が表に出て、最近は、不利な方向にのみ滑るというFX会社
は減りましたが、それでも体感は相当あります。それでも、約定し
ないよりは約定させないと、大きな損失が出てしまうので、約定を
優先させるしかありません。

納得はいきませんが、この世界では常識ですので、その辺りをしっ
かりと見る為にも約定率というのはとても重要になります。

 

③ 手数料(スプレッド・スワップポイント)

現在、多くのFX業者は手数料を0円にしています。ですから、手数料
という形ではなく、スプレッドやスワップポイントの中に手数料を入
れて、それらを実質の手数料としています。

ですから、単純にスプレッドは小さい方が、スワップポイントは多け
れば多いほど良いという事になります。

ただし、いくつか注意しなくてはいけない事があって、スワップポイ
ントは、プラスもあればマイナスもあるという事を話しました。です
から、多ければ多い程、金利の低い通貨を買っている時は、マイナス
も膨らむという事になります。

逆に金利の高い通貨を売っている時も同様ですね。なので、スワップ
ポイントが多ければ多い程良いとは一概には言えませんね。

そしてスプレッドですが、これは②で説明したスリップと、もの凄く
密接な関係にあります。

具体的には、表示されているスプレッドはとても小さいのですが、実
際に取引してみると、スリップして、無駄にスプレッドを取られてい
る事が多いのです。

これは特に日本国内のFX業者に多く見られ、ドル円のスプレッドが
0.3ppsと表示されていても、実際はスリップして毎回0.7pps取られて
いるという感じです。

ですから、②で説明した約定率とセットで考えないといけないという
事ですね。更に、米雇用統計やFRB議長の発言、ECB総裁の発言など、
相場を大きく変動させる指標時に、大きくスプレッドが開く事があり
ます。

これもある程度は許容しないといけないのですが、FX業者によっては
、ドル円のスプレッドが通常時0.3ppsに対して、指標時は20pps30
pps
も開く事があります。昔は50pps開くようなFX業者もありました。

さすがにこれらに対しユーザーは声を上げていますが、改善される事
はなく、50pps離れるようなFX業者は、クレームが殺到しているのか、
その対応として、注文そのものを受け付けないという対応をしている
FX業者もあります。

何度も言うように、これらは②で説明した約定率と密接に関係してい
て、どうしても、こうせざるおえない状況がFX業者にはあるわけです
(ノミ行為 ※1ですから、見た目のスプレッド等では中々判断
出来ないので、実際に使ってみないとわかりません。

どこを使えばいいのかを探しているのに、使ってみないとわかりませ
んでは、卵と鶏の話になってしまいます。しかし、これが現状で、多
くのトレーダーは、色々なFX業者の口座を開いて実際に試してみて、
自分にあったものを選択しているという事なのです。

それに比べて、海外は、スプレッドは広めですが、約定率が高いとい
う特徴があります。また、口座タイプもいくつか用意しているFX業者
もあり、例えば、1回の取引で1000円という感じに手数料を取ります。

その代わりに、スプレッドを小さくし、更に、スプレッドが広い口座
よりも約定率を高く設定しているFX業者もあります。ですから、スプ
レッドのみの口座と、取引毎に手数料を支払うものと、2種類のタイプ
から、どちらがいいのか、自分で決めなくてはいけません。

実際に私は、手数料を支払っても、そちらの口座を使っていました。
約定率がいいので、そちらの方が私にとってはストレスがなかったです
。ただ、それもトレードスタイルによるので、最終的には4つの判断基
準のバランスから決めるのが良いと思います。

④ サポート

サポートはとても重要です。目先の手数料などに惑わされて、サポー
トを軽視する人がいますが、しっかりと読んで、その重要性を理解し
て頂きたいです。

具体的に、私が考えるサポートとは、24時間、携帯からフリーダイ
ヤルで電話が出来るか?という事です。なぜそう思うかというと、
やはり始めたばかりの頃は、ちょっとした事がわからず、困る事と
いうのがあると思います。

例えば画面が固まってしまったとか、操作方法がわからないとか、
クリックしているのに反応がないとか、入出金方法だとか、確定申告
に必要な書類だとかもそうです。

ですから、それらを日本語で説明してくれる電話サポートはとても重
要だと思っています。更に、取引中のトラブルは、その場で解決しな
いと大きな損失を招く可能性があります。

とすれば、もしあなたが0時に取引をしていたら、24時間対応のFX
者でなければ質問すら出来ないのです。

営業時間が17時までとか、メール対応のみとか、チャットで対応しま
すとか、海外であれば英語での対応になるとか、様々なので、これら
のサポートで、本当に自分は取引に集中出来るのか、十分に検討する
必要があると思います。

また、国内のFX業者では、有名な経済アナリストをゲストに迎え、
相場解説を行ったり、
web動画で手法を教えたり、口座開設者のみに
向けてのサービスというのもあります。好きなアナリストがいるので
あれば、そういうのも調べてみると面白いでしょう。

そして最後に、海外のFX業者の入出金について説明させて頂きます。
これは、皆さんが考えているよりも、よっぽど複雑で面倒です。入金
はクレジットカードからも出来るので、それほど困らないでしょう。

しかし、出金が大変です。多くの会社は、入金額分はカードに出金出
来ますが、利益分は海外送金で送られて来るのが普通です。皆さんは
海外送金の経験ありますか?

最近、マイナンバーが導入され、より一層海外送金が厳しくなりまし
た。これは送金側だけではなく、受取り側も厳しくなりましたね。こ
の送られてきたお金はいったい何ですか?と毎回毎回銀行から電話が
かかってきます。

最近では、毎回支店に行かなくては行けないという話も耳にしていま
す。更に送金手数料が高かったり、自分の銀行口座に着金するまでに
2週間かかったりと、とにかく面倒です。最近では、色々な方法があ
り、進化しているようですが、それらを覚えるのも一苦労。電話サポ
ートがなければ、何かトラブルが起きた時に、また困ってしまいます
ね。

皆さんは、大きな利益を上げる予定なわけですから、この問題は避け
て通れません。覚えてしまえば簡単と、それこそ簡単に言いますが、
それらを誰が教えてくれるのですか?英語のメールで質問を続けます
か?
そういう事を是非理解しておいてください。

まとめ

ここまで4つの判断基準というのを説明してきました。始めに書いた
ように、どこの
FX業者を選んでも一長一短あり、1つに決めるのは、
正直とても難しいです。

色々使ってみて、自分にあう会社を選ぶというのが、正解なのです
が、それにしても、まずは、どこから使えばいいのか?という事に
なるでしょう。

結局どこがいいのですか?

という質問をよく受けます。これが、ユーザーの本音なのではない
かと思っています。

私は、こう質問をしてきた方にお勧めしているのは、やはり④のサ
ポートを重視するといいよと答えています。そもそも、この記事を
読んでいる方や、そういう質問をしてきた方は、初心者になると思
います。

取引前の準備で手間取ってしまったり、取引とは関係ない事でつま
ずくという方が本当に多いのです。

ですから、日本語で24時間、携帯からフリーダイヤルで色々聞ける
窓口があるというのは、とても心強いのではないでしょうか。取引
手法は教えてくれませんが、入出金方法や、
MT4の使い方、注文の
仕方やトラブルの解決方法など、丁寧に教えてくれます。

そこで、基本的な事を知れば、後は英語がわからなくても、海外の
FX業者でなんとかやっていけます。それまでは、日本国内のFX
者を検討するのが良いのではないでしょうか。

 

1 ノミ行為

呑み行為とは、非正規の同元を営む事で、競馬で言えば、正規の胴
元はJRAになりますが、非正規で(自分で)胴元を営み、友人に頼
まれた馬券を買わず、本当に予想が的中したら自腹で払い出しをす
るが、的中しなければ、そのまま掛け金を懐に入れるという事です

ですから、FX業者で言うと、顧客が注文を入れても、直接インタ
ーバンク市場に繋がず、FX業者でその注文を受けます。そして、
顧客が勝てば自腹で払い出し、負ければその金額がFX業者に入る
という仕組みです。

ですから、顧客が負ければ負けるほどFX業者が儲かる為、約定力が
低く、スリップしやすい状態を作り、顧客が負けやすくしているわ
けです。

実際に、FX会社を営む際には2つのビジネスモデルがある事からも、
それはハッキリとしていて、A-bookB-bookとして分かれています

A-bookとは
A-bookは一般的には電子取引所取引(ECN)を利用していて、そこ

に集まるトレーダーの相対取引により売買が出来る仕組みで、顧客
の全ての注文は実際の市場へ流されます。その為、各FX業者は、マ
ークアップしたスプレッドからのみ利益を得ますので、顧客とFX
者との間に利害関係がないのが特徴です。

B-book
顧客の注文は実際の市場へは一切送られずに、顧客とFX業者との間

で取引を行っていることになります。その為、顧客が負ければ負ける
だけ、利益になるというのが特徴です。

どうしてこのような仕組みを取るのかというと、FX市場では80%以
上の顧客が損失を出す事が統計でわかっています。更に、取引最初の
1ヶ月で平均10%以上の損失を出すというデータがあるので、その損
失を自分の利益に出来るというビジネスモデルという事です。

日本国内のFX業者は、B-bookという事になりますね。

FXで勝つ為に必要な3つの要素

FXで勝つ為に押さえておかなくては
いけない3つのポイントがあります。

何か1つ欠けても絶対に上手くはいかないという事実を、本当に理解
している人は非常に少ないと思います。

ですから、まず初めに、この記事を是非読んで頂き3つの大きなポイ
ントがあるという事を頭に置いておいてください。

早速ですが・・・まず、ここから始めましょう!!

皆さんにお尋ねします。 皆さんにとってFXで勝つという事はどう
いう事でしょうか?

良く考えて答えてください。

相場の全てを理解し、寸分の狂いもなく分析し、明日、明後日の
ドル円の価格を言い当てる事ですか?

それとも、お金を増やす事ですか?

こう聞かれれば、誰もがお金を増やす事とわかると思います。
しかし、多くの人は、この答えを知ってからも、ドル円の価格を言い
当てる事に集中し、無駄な努力と過酷な労力に時間を割くのです。

注意してください、勝つという事は、お金を増やす事です。その事に
徹底的にこだわったやり方が、私のやり方です。

10戦中8勝しないと嫌ですか? 10戦中1勝しか出来なくてもお金が
増えていたら良くないですか?

自分の目的を見失うと、トレードも見失っていきます。
逆に、目的をしっかりと持つ事で、トレードそのものは下手でも
お金は増えていくのです。

目くじら立ててパソコンに張り付かなくても、3つのポイントさえ
抑えて、そのポイントの重要な部分だけを学べば、効率良くお金が
増えていきます。

そんな方法をこれから、話していきます。

そして、最後にその根拠となる考え方を話しますので、
必ず最後まで読んで下さい。

面倒という方は、是非最後から読んで下さい。

 

まず1つ目

これは、トレードの技術そのものです。FXの仕組みを知る事はもち
ろん、用語やシステムの使い方を知る事です。そもそも用語を知ら
ないと、このブログを読んでもわからない事だらけでしょう。

本を読んでも、他のトレーダーと話しても理解出来ないはずです。
なので、最低限の用語や仕組みは知っておいた方がいいでしょう。

そして、相場を理解し分析出来るようになる事です。トレーダーを目指
す人が、もっとも多くの時間をかけるところで、手法と呼ばれるところ
です。

トレンドを見極め、エントリーポイントを明確にして、価格がどこまで
いくのかというリミットを予想して取引をしていく事ですね。

多くの人は、この手法をまず勉強する事になるでしょう。しかし、手法
を勉強するにも順番やSTEPがある事を理解してください。

1つ1つ着実に学ぶ、と良く言いますが、多くの人が過ちを犯し、わかっ
た気になり順番を飛ばしていきます。焦らずゆっくりと着実に勉強して
いけば、誰でも簡単に手法を身につける事が出来ます。

もう一度言います。誰でも簡単に身につける事が可能です。
でも・・・勝つという事ではないので焦らないで下さいね。

 

2つ目

資金管理をしっかりと行う事です。勝っているトレーダーの多くは、こ
の資金管理が最も重要だといいます。1つ目の手法は、ある程度やって
いれば、自然と身に付きます。

勿論、この2つ目も簡単に身に付くのですが、とても面倒で細かい作業
なのです。その為、多くの方が取り組まず、その意味すら考える事無
く、わかった気になっています。

勝っているトレーダーの多くが、最も重要だと言っているにもかかわら
ずです。

ここが「勝つ!」にこだわっているのか、
それとも「相場を言い当てる」のにこだわっているのかの差です。

例えば、TOYOTAは良い車を作る事だけに集中していると思いますか?
会社全体の入金と出金を細かく分析し、力をいれるところを見極め、
撤退するところは撤退し、投資するところには投資をして、結果良い車
を作り続けるという事をしています。

人は、必ず得意・不得意があるのです。ですから、その事を結果から
判断して、無駄な事をしないという事が重要です。何度も言いますが、
ここでいう結果とはお金が増えているかどうかです。この事をしっか
りと頭に入れておきましょう。

ただ、それでもやらない人は多いですよね。勿論、私もそうでしたし、
今現在勝っているトレーダーさん達もそうだったと良く話をします。

では、なぜやらなかったのでしょうか?

先程も言いましたが、面倒なのです。直接トレードとは関係ないと
思っていたからです。確かに面倒でした。いちいちエクセルで全ての
取引を細かく打ち込んでなんかいられませんよね?

経験のある人は、きっと共感するでしょう。しかし、勝っている
トレーダーは、この面倒で細かい作業をちょっとした工夫で効率
よくやっています。

私も実践しているものから、やってみたけど私には合わなかったもの、
それから、こんなやり方もあるんだというものまで、いくつかご紹介
していきますので、是非試しにやってみてください。

そして、資金管理にはもう一つ学ぶ事があります。

これは、資金管理の中の技術です。決済タイミングを少しずつ変えて、
利益を確保していくというノウハウです。勝っているトレーダーは、
リスクリワードをしっかりと考え、それに従って決済タイミングを柔軟
に変更していきます。

これを行う事により、着実に利益を積み重ねていく事が出来るのです。
これもごくごく一般的に知られている事がありますので、それらをい
くつかご紹介していきたいと思います。

まとめると、資金管理で学ぶ事は2つです。この2つあるという事を絶対
に忘れないでくださいね。

 

3つ目

これも良く耳にすると思いますがメンタルです。実は、このメンタル
こそが私のトレードの最大のポイントと考えています。初めにも言い
ましたが、勝つ事とはお金を増やす事です。

その為に必要なメンタルというのは、取引を行う上で必要なメンタル
とは異なります。ですから、わかりやすく言うと、FXトレードに必要
なメンタルと、お金を増やす為に必要なメンタルの2種類あると考えて
もらうと良いです。

実際には、2つとも繋がっているのですが、わかりやすく説明するとそ
んな感じになります。

では、まず、取引を行う上で必要なメンタルとは
どういうものでしょうか?

例えば、損切が出来ないとか、エントリーするとドキドキしてしま
うとか、エントリー後に逆行してしまうのではないかと考えてしま
う事とか、ポチポチ病が・・とかです。

簡単に挙げただけでも、これだけあります。実は私がそうだったから
簡単に挙げられました。でも、これらも克服可能です。私も克服して
きましたが、私の周りのトレーダーも克服していますので、その方法
をご紹介出来ると思います。

自分にあったやり方がきっと見つかると思うので、1つ1つ試して貰う
と良いと思います。

それから、お金を増やす為のメンタルですが、これは少し厄介です。
それは、そもそも御自身の人生でこのような事を真剣に考えて来た
人がほとんどいないからです。

その為何をしたら良いのかわからず、その重要性にも気付かず、
また例え気付いていたとして、色々やってはいるけど、的外れな事を
して結果に結びつかないなんて事が多いのです。

でも、その反面、伸び代があるとも言えます。実は、この伸び代こそ、
大きなチャンスで、効率良く簡単にお金を増やせるというポイントな
のです。

私が直接対面で教えた人で、教えた次の日から利益を出すような人は、
大抵が、このお金の増やし方を知っている人でした。例えばそれは経
営者であったり、職人さんであったり、サラリーマンでも何かの役職
についていたり、営業成績が全国一であったりする人でした。

一言でその人達の特徴をいうと、何もない所からお金を生み出せる力
のある人と言えます。こういう方は、1つ目で話した、FXの仕組みや
手法を教えてあげるだけで簡単にお金を増やす事が出来ます。

これは私が見てきた方々もそうでしたし、実は、私がそうでした。

だから、断言出来ます。FXで勝つ為に最も重要なのは、このメンタルで、
次に資金管理、そして最後が手法です。

この事をまずは理解して頂き、FXに取り組んで頂きたいと思います。

 

 

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。冒頭で話した勝つ為の考え
方の根拠をお話します。

 

それは・・・

 

コア・コンピタンスという考え方をご存知でしょうか?

実際の考え方や、その戦略で結果を出した企業など、検索すればすぐ
にわかると思います。

 

私は、それらをFXで活かす為に、このように考えています。

トレード手法も、大きな資金も、経験も知識もない私が、確実に
しかも短時間で結果を出すには、全ての事を知るのではなく、
重要な事だけを知れば良いという事です。

 

図にするとこんなイメージ

 

3つの要素を全て完璧にするとなると、実はとても大変です。
1つ目にこだわって、もがき苦しんでる人なら、単純にそれが3倍です
から良くわかると思います。

でも、そうではないというのがこのコア・コンピタンスなのです
(実際にコア・コンピタンスとは少し異なります)。

強みを把握し、その事だけに集中していく、だからこそ短時間で
効率よく結果が出せるという事なのです。

 

キツネとハリネズミの話がとても有名なのでご紹介します。

キツネはとても賢い動物で、次々と状況に合わせて作戦を練り
ハリネズミに襲い掛かります。一方、ハリネズミは体を丸めて
じっとしているだけです。キツネはハリネズミの防御姿勢を見
て、飛びかかるのを諦めます。

キツネは賢く知恵もあるのに、勝つのはいつもハリネズミなのです。

キツネは賢いがゆえに、複雑に物事を考え、賢いがゆえに、
複雑に理解をします。ハリネズミは複雑な事を単純に考え、
原理原則に従って単純に理解するのです。

 

皆さんに良く考えて欲しいのです。

皆さんは、いったい何の為にFXを始めるんですか?

そして、相場で勝つ為の原理原則は、今から上がるのか、
下がるのかの2つに1つという、単純なルールだという事
を決して忘れてはいけません。

相場は生き物だから、厳密には同じ相場は2度とない複雑で難しい
世界と考え、そこ挑戦し、勝ち残り、自分が賢い人間と証明してい
くのか、相場は結局のところ、上か下かだけだよね・・と考えるのか。

本当に賢い人なら、もう答えは出ていると思います。

FXを始めた本当の理由

それは、お金でした!w

勿論、お金だけが世の中の全てではないですし、お金があるから
といって幸せとも限らない事くらいは知っています。

しかし、その一方で、お金が必要で、大切だと共感出来る方も多
いのでは
ないでしょうか?

少なくとも、当時の私は、お金があれば、なんとなく幸せになれ
るのではないか、そう思っていました。

ですから、どんな仕事がお金になるのか、そんな事ばかり考えて
いて、辿り着いたのがFXだったのです。

私がこの記事で皆さんに伝えたい事は、FXの可能性についてです。

私は世の中のブームにのってFXを知り、興味を持ち、スタートし
たわけではありません。

しっかりとその可能性を知り、他と比べた上で、お金を稼ぐのに、
最も簡単
で早いのがFXとわかって、スタートしました。

ですから、これからFXを始める人には、是非この記事を読んで頂
き、他のどんな仕事よりも大きな可能性があるという事を改めて
感じてもらいたいです。

また、もし、FXにつまづいて、もう止めようかなと思った時に、
改めてこの内容を思い出し、是非、頑張って貰えればと思ってい
ます。

 

ある成功者に言われた一言が僕の人生を変えた!

 

私が20歳くらいの時に、ある成功者の方
に言われた事があります。

 

収入の差は、いったい何の差だと思う?

 

そんな事考えた事もなかったですが、なんとなく思ったのは、才
能とか、努力とか、情報とか、そういうものだと思いました。

勿論、それもそうだと思いますが、その方に言われたのが、収入
の差は・・・・

環境の差


だよという事を言われました。

例えば、楽天のマー君と、ハンカチ王子の斉藤投手は、甲子園で
戦ったライバルです。

でも、その後プロに行ったマー君と、大学に行ったハンカチ王子
では、雲泥の
収入の差があったわけです。

では、ハンカチ王子に才能がなかったと思いますか?

努力してなかったと思いますか?プロに行く情報がなかったと思
いますか?

それらは全て違いますよね。プロと大学という環境が2人の収入
の差だったわけです。

要するに、同じ事をやっていても、自分を高く評価してくれる環
境に身を置く事が重要だよという事です。

もっと、わかりやすく言うと、もしあなたが1億円欲しかったら、
1億円をくれる環境に身を置かないと、絶対に1億円は手に入らな
いという事です。

では、世の中の人はいったどんな環境でどのくらいお金を稼いで
いると思いますか?

多くの場合、サラリーマンです。その平均年収は400万円と言わ
れていますが、実際は中央値で計るのが正確で、約350万円とい
うのが正しい平均ではないでしょうか。

それでも、200万円以下で生活している人が労働人口の40%にも
なり、失業率も5%ある事から、この350万円はまずまずでしょう。

逆に上を見れば、TOYOTAの役員が年収8000万、ソフトバンクが
1億、スタバやユニクロが2億です。イチロー選手が少し前ですが
5年で20億でしたから、4億円という事ですかね。

日本のお金持ち、柳井さん(ユニクロ)は50億くらいです。経済
大国日本での頂点がだいたいこのくらいです。

では、投資の世界ではどうかというと、少し前の資料になります
が、是非、目を通して見て下さい。



これは資産ではなく、年収です。ですから、毎年のように名前
が出ている人も多いですよね。

ジョン・ポ-ルソンは、3年で約1兆円稼いでいます。たった3
で日本一の柳井さんの資産に届く勢いですね。

ちなみに、3年連続名前がある、ジョージ・ソロスという人は為
替が専門でので、まさに
FXと言えます。

いかかですか?

この環境で頑張れば、お金が稼げるんだとわかりましたか?

よく話半分と言いますが、半分でも2500億です。話、1万分の1
でも5000万ですよね。

トップにはなれなくても、1万分の1の努力で5000万なら、なん
とか出来るんじゃないかと、思いませんか?

私自身は、どんな仕事でもどうせ努力しないとお金は稼げないん
だったら、可能性がある方がいいな!

何て事を考えて、投資の世界に飛び込みました。そして、ここで
のポイントは、学歴もお金も人脈も、知恵もアイデアも何もない
自分が・・という事です。

既にそれらを持っている方であれば、尚、簡単に早くFXで成功す
るでしょう。
私と同じ方なら、おそらく、FXしかないと思います。

きっと・・・

 

マーケットが大きい事は、お金を稼ぎやすいという事を理解する

 

マーケットとは、1年間でどのくらいのお金が流通しているかとい
う事で、例えば、自動車が
60兆円産業、建設が50兆円産業、医療が
40兆円産業、パチンコが3.5兆円産業、健康産業は約1兆円産業と言
われています。

もう少しわかりやすく説明すると、例えば、あなたがブラジャーを
販売する
として、どんなに素晴らしくて、世界初の特許を沢山持っ
ているブラジャーだと
しても、単純にマーケットは女性だけですよ
ね?本来なら成人女性という事になりますが・・・

あなたが素晴らしい人で、トップセールスマンであったとしても、
男性は絶対に買いません(最近はそうでもないかもしれませんが)

更に、ライバル会社があり、新商品開発やら、広告やらで、マー
ケットを奪い合っているわけです。

他の業種もそうでしょう。飲食でいえば、まずは外食と自宅
(スーパーなど)があり、外食で言えば、和食、中華、洋食があ
って、高級レストランからファストフード店まであります。

しかも、それらが半径500m以内でお客を奪い合うわけですね。

沖縄に住んでいる人が、どんなに美味しい海鮮丼があったとし
ても、北海道まで食べに行く事はないですから。

普通に考えれば、そのマーケットの大きさから、自分がいった
いどのくらい稼げるのか?その可能性を考える事はそれほど難
しい事ではないと思います。

では、FXはどうでしょうか?

FXはお金そのものです。そして、毎日600兆円の売買がされて
います。間違えて欲しくないのが、年間ではなく毎日です。

毎日600兆円のマーケットが、自宅にいながら、インターネット
で取引出来るという事です。

600兆あるわけですから、1万円くらいなら稼げるんじゃないか
・・・なんて思いませんか?

ちなみに、株は13兆円くらいです。勿論、全世界の売買高を
計算すればかなりの金額になりますが、実際に自分が取引する
となると、どうしても日本市場に限定されるでしょう。

それは、英語の壁が一番大きいと思います。更に、海外の企業の
業績やらを調べ
るのは、英語の壁は勿論、相当の手間です。

東証1部上場企業だけでも、1600社ありますし、他の国内株式市
場で上場している企業を合わせると4000社あります。

日本だけでもこれだけありますから、世界の企業を調べると・・
・というのは現
実的ではありません。ですから、株式市は日本
に限定され、その売買高(マー
ケット規模)は、13兆円程度と
言えます。

そして、ここからが株式市場のマーケット規模の話になりますが、
3兆円は金融の世界ではとても小さい為、価格操作が出来てしまう
可能性があるというのが、最大の問題点です。

13兆円といのは、一般と比べれば規模も大きく、お金を稼げる
可能性も十分です。
しかし、価格操作が出来るマーケットでや
のは、とてもリスクが高いと思います。

価格操作とはいったい何かというと、本当は魅力のない企業でも、
人為的に株価を上
昇させる集団がいるという事です。

それらを仕手株※1といいますが、簡単にいうとヤラセです。

そのヤラセも3兆円という規模だから出来るのであって、FX600
兆円の中では、どんなに大量の資金を持っていても、1円も動き
ません。

ですから、ヤラセが出来ないのです。ちなみに、過去、日本政府
が円高是正の為に為
替介入を行った際、およそ12兆円使ったと言
われています。その12兆円で動いた価格は2円程度、それも数週
間後には元に戻ってしまいました。

いかに、FXでヤラセが出来ないか、そして努力が報われる世界と
いう事を理解して貰えればと思います。

では、次に、投資の中で、どうしてFXだったのか?です。

他の投資と比較してみましょう。

① 株

実は、私は最初、株のトレーダーとしてトレードを勉強しました。
学校に通い、そこでトレードの基礎を学びました。

ですから、株の可能性というのも非常によく知っています。それら
を踏まえて、
FXと比較しても、やはりFXだと思っています。

その理由は、

まず、こちらでも話した通り、FXと比べると価格の変動が激しくリ
スクが高い事です。更に、上記で話したように、マーケット規模が
FXよりも小さく、ヤラセが出来てしまうので、真面目に分析して取
引しているだけでは、どうにもならない事があるんだという事です。

他には、銘柄が多すぎて、どれを取引したらよいかわからないとい
う事。東証一部だけでも1600銘柄近くありますし、11つに目を通
すのは当然ながら不可能です。

銘柄を選ぶコツもありますが、モニターをいくつも用意して、それ
らを同時に観察し
ながらの取引は、始めたばかりの人にはとても難
しいでしょう。

更に、私の場合は、お金儲けでスタートしましたから、企業理念や、
社長の人柄など
には全く興味が持てませんでした。

ですから、純粋にその企業を応援しようなどとは、これっぽっちも
考えられず、楽し
くなかったですね。

 

興味が持てないものは長続きしません

 

その点、FXはお金そのものです。お金が嫌いという人もいないでしょ
うし、多く方の目的はお金だと思うので、そういう意味でも興味深い
世界で、そこへの探究心は自然と出てくると思います。

それから、FX24時間取引可能という事です。これは、トレードを始
める上でとても重要な事だと思います。

なぜなら、始めから専業トレーダーという方は本当に少なく、多くの
方は、仕事をし
ながら取引をする事になるからです。

それが、株の場合だと、証券取引所の営業時間が、午前9時から午後15
時半なので、取引時間がご自身の仕事と被ってしまうのです。

勿論、今は携帯やipadなどでも取引は出来ますが、そうやって取引して
いる人とお会いした際に言っていた事が、ポジションが気になり仕事が
手につかないとか、取引先へ遅刻して、商談がダメになってしまったと
いう人もいました。

バカだなぁと思うかもしれませんが、自分のお金が100万円失ってしま
うかもしれないと考えたら、そうなる事も良くわかります。

その点FXは、24時間いつでも出来ますし、最も取引が盛んな時間帯は、
ロンドンと
NYが重なる、日本時間でいうと午後22時~午前2時の間です

逆に皆さんは、この時間帯は何をしていますか?

多くの方は、仕事を終え、自宅で休んでいる頃ではありませんか?

これから、FXで人生を変えようとか、お金を稼ごうというわけですか
ら、少しくらい眠いのを我慢して取引したらいいと思いませんか?

勿論、眠い時は寝ればいいですし、やれる時にやればいいのです。

実際に私が教えた主婦の方は、子供と旦那を送り出し、家事を終え
て一休みする、午後14時~午後17時くらいまで取引をして、夜旦那
が帰宅したら、夕食を作り、子供が寝てから、夫婦で午後21時頃
から0時まで取引しているなんて方がいました。

時間に縛られず、自分の好きな時に、好きなだけ取引出来るのがFX
の魅力なのです。

そして、株との違いでもう1つ重要な事は、少ない資金から出来ると
うい事です。

株の場合は、多くの場合が、最低100株から1000株、中には1万株単
位でしか取引が出来ない銘柄が多いです。

ですから、株価3500円でしたら、かける事の1000株であれば、350
万円ないと取引が出来ないのです。

勿論、もっと小さなものや株価が低いものもありますから、一概に
は言えません
が、FXと比較すると、レバレッジもありませんし、間
違いなくFXよりも大きな資金が必要になります。

ミニ株というのもありますが、小さ過ぎると利益も小さくなりますの
で、効率的
とはいえないでしょう。ですから、やは100万円単位で
資金を用意する方がほとんどです。

その点、FXはレバレッジがありますから、10万円もあればスタート
出来ます。中には
3万円からスタートした学生さんなどもいますし、
年金で少しずつやっていたが、知らないうちに
10億円になったとい
うニュースも話題になりましたね。

実際、私は皆さんにお薦めしているのは、10万円からスタートしな
さいという事を進めています。な
ぜなら、私の教え子で、10万円を
3年かけて3億にした人がいるからです。

その方法は、また別の機会にお話しますが、10万円という金額は、
皆さんの人生において、それほど大きなリスクではないという事と、
そして、仮に全部が無くなったとしても、また、来月給与として貰
えますよね?

それが、100万となると少し変わってきます。投資は出来るだけリス
クを抑えるのがコツですから、少ない資金でリスクを抑えてスタート
出来るFXは、株よりも魅力があると言えます。

 

② では、次に不動産投資と比較して
みましょう

 

不動産投資は、本当によく耳にしますよね。都内でもセミナーが数
多くあります。

基本的に、トレーダーと不動産投資をする人は、お互いにその領域
には踏み
込まず、互いに否定的です。不動産をやっている方が、ト
レードを否定する
最大の理由が、モノがないという事です。

不動産は、必ず土地や建物が資産として残る為安心だが、トレード
はギャン
ブル的要素が強く、負けたらそのまま資産が減るという事
で否定的なのです。

確かに、そのような考え方もあると思いますが、私はそれは全くの
認識違いだと思っています。

逆に不動産投資を分析すると、不動産を購入する際には、必ずロー
ンを組みます。

1ルームマンションであれば15年~25年、2LDKや一軒家となれば25
年~35年くらいまであるでしょう。

ローンを組んでいる以上、それは資産ではなく、負債です。誰がど
うみても明らかでしょう。

更にその物件を担保に新しく銀行から借り入れをして、違う物件を
手に入れるなどと、どんどん薦めてきます。

当然、そんな事は出来ません。なぜなら、先程も言ったように、そ
れらは資産ではなく、負債だからです。

これは、銀行もそのように判断しているという証拠ですよね。では、
2軒目、3軒目を借りている人は、なぜ?という事になりますが、そ
れらは、1軒目のローンが払い終わったか、銀行から信用がついて、
借入金額の上限が上がったかのどちらかになります。

というよりは、ローンが払い終われば信用が上がり、借入金額の上
限が上がりま
すから、実は表裏一体という考え方が正しいです。

その他、結婚して、奥さんと共働きで収入が上がったとか、遺産相
続により現金を定期で入れたとか、土地を相続したとか、いずれに
しても、銀行からの信用が上がり、借入金額の上限が上がっている
人達です。

ですから、ほんの一部の人でしょ?実際に、そうなるのは。

普通に考えてみればわかります。もし、不動産を購入して、それを
担保に二軒目を購入できるとしたら、一〇〇軒だって購入できると
いう事になりませんか?

でも、そうなっている人見た事ないですよね?どうしてでしょう?

素直に考えればわかります。不動産は、
資産ではなく負債だからです。

そして、誰かが家賃を納めてくれている間はいいですが、時間が
経てば経つほど、空室率は上がり、毎月のローンを自腹で払わな
くてはいけなくなるリスクがあります。

空室補償というのもありますが、その会社がどれだけ保障出来る
んでしょうか?
補償出来なければ倒産するだけです。倒産された
ら、補償も何も残りません。
そうやって倒産していった会社、凄
く多
いんです。

だったら、売ればいいのでは?と言いますが、誰が買いますか?

自分に聞いてみて下さい。1ルームであれば、間違いなく投資目
的です。借り手がいなくて、自分が赤字なのに、誰がその物件を
買ってくれますか?

そして、2LDKや一軒家であれば、あなたが家を買う時を想像す
れば、凄く需要がない事が容易にわかると思います。

まず、日本人は新築が好きという事、良い悪いではなく、統計的
にそうだという事です。それから、家族が4人となれば、2LDK

は部屋が足りません。ですから、他の物件を探す事になるでしょ
う。要するにファミリータイプの物件は、家族構成が限定される
という事です。

その家族構成も、子供が2人なのか、母親と子供なのかによって
、需要が異なります。

何度も言うように、あなたが家を買う時に、将来の事を考えて、
間取りや利便性を考慮しますよね?

そして、何件も何件も見て回るのではないでしょうか?
ですから、需要がどんどん狭くなっていくという事なのです。
その証拠に、日本では中古市場が活性化されないですよね。

何度もいいますが、良い悪いという事ではなく、統計的に
見てそうだという事です。

だから、投資マンションは、1ルームの駅近、大学近というの
が一般的なわけです。

大学でも定員割れで経営が苦しいと言われている中、それでも
自分の家だけは学
生が入居し続けると思いますか?

新築好き、綺麗好きの日本人が、新しい物件が隣にあるのに、
自分の中古物件を
学生が選んでくれると思いますか?

そういう事を考えた時に、15年~35年のローンというのは、

更にそこまでして年利で7%~8%いけば良く、通常は5%以
下って、もの凄いリスクだと思いませんか

FX10万円から出来ますし、利回りも不動産とは比較出来
ませんよね・・・

更に、不動産投資はREITやランドバンキングというのもあ
ります。海外不動産も流行っていますね
れらは、ここで
は話を省略しますが、
10万円からスタート出来るFXと比べ
たら、初期費用が圧倒的に高いのが不動産なのです。

ちなみに、私の知り合いや、叔父は不動産投資で利益を出
しています。実は私も・・・w

なので、完全に否定という事ではないのです。私が言いた
い事は、まず初め
にやる投資ではないよ!という事なだ
です。

 

③ 投資信託


投資信託とはいったい何か?からスタートですが、一言で
いうと、運用のプロにお金を預けて運用してもらうという
事です。

ですから、大手の証券会社などの金融商品の多くはこれに
あたります。

メリット、デメリットとしては、まず最大のメリットは、
運用はプロが行うので、手間がかからないという事です。

それかから、少ない資金から始められる事です。1000
からでも出来ます。そして、個人では投資出来ない国や
地域などにも投資が出来る事が挙げられます。

デメリットとしては、やはり手数料が高い事でしょう。

運用のプロが行うわけですから、それなりの手数料が当
然かかります。

大きくは3つ支払います。まずは、申込手数料、運用手数料、
解約手数料です。業界用語で言うと、販売買付手数料、信託
報酬、信託財産留保額です。

ですから、意外と手元にお金が残らない、要は儲けが少ないとい
うのが最大のデメリットです。おおよそ、年利で10%~15%あれ
ば、かなり良い金融商品と言えます。更に投資信託というのは、
5年継続商品は、全体の5%もなかったと記憶しています。

これはなぜか?というと、

証券会社は手数料商売がメインだからです。

良い商品を、一生継続されては手数料での収益が減るという事
です。勿論運
用に失敗して人気がなくなるという事も多々あり
ますが、多くの場合は、一
度解約をしてもらい、新しいものに
し込んでもらう、その際に発生する手数料が目的なのです。

でも、これは別に違法でもなんでもありませんし、運用も慈善
事業ではあり
ませんから、ごく自然な事でしょうね。

そして、当然、元本の保証もあるわけではありませんから、リ
スクは自分が背負
い、リターンが小さいというのがデメリット
という事です。

ただ、投資というのは基本的にはそんなもんです。小さな利益
を長期に渡り積み上げていくという事ですので、基本は賛成です。

しかし、ここで言いたい事は、投資は分散ですから、色々な投
資信託をやる事はいいと思いますが、分散できるだけの資産を
持っていますか?です。

そして、ここからが投資信託の最大のデメリットをお伝えします。
これは、皆さん、本当に良く読んでほしい事なのですが。

上記で書いた事は、あくまでも大手の金融機関がおこなっている、
まともな
ものの話で、実は世の中には、怪しい投資話が多数存在
します。

人にお金を預けるというのは、
もの凄
くリスクがあるという話です。

要は、詐欺です。プロに任せるという事では投資信託のカテゴリ
ーに入れていますが、実際は詐欺です。詐欺の特徴は、高い利回り
です。

例えば、年利100%、200%とか、中には月利で100%なんてのもあ
ります。
そして、元本保証を謳っているのも詐欺です。投資は元本
の保証は絶対に、
絶対にありません。

金融ライセンスを持っている会社であれば法律で罰せられますから、
そもそ
も保証をしているところは、金融ライセンスを持っていない、
違法業者にあ
たります。

個人的にやっています!とか、あなただけ特別に!とか、甘い言葉
で近付いてきますので、本当に注意が必要です。

でも、一概に疑えないのが、優秀なトレーダーであれば、年利300
くらいを余裕で出す人が、世の中に本当に存在するという事ですよね。

だから、正直見分けがつかないというのが、これだけ詐欺が広がって
いる要因でしょう。

意外と特別な話が身近にあるというのが、現代だからです。でも、私
がこの世界に20年いてハッキリとわかった事は、出来るトレーダーは、
個人で人のお金は扱わないという事です。

例えば、年利100%の配当を出す理由がありません。サラ金の方が金利
が安いですよね。更に、運用に失敗しても自分の資産で補填していきま
すとか、そんな事までやりますかね?

そもそもお金は余ってるくらいありますから、とても矛盾しています。
人のお金を運用してもメリットがないのです。

すると、大抵の詐欺師はこう言います。お金には困ってないので、人
助けですと
・・。人助けであれば、年利100%とうケチな話ではなく、
全部下さいと思いませんか?

見ず知らずの他人に、そこまでしますか?だから特別なんですって言
われてもね・・。

甘い言葉で近づいて来る人は本当に矛盾だらけです。普通に考えてみ
ればわかる事。
投資をやるのであれば、投資リスクは自分で負いまし
ょう。

その覚悟がなければ投資は諦めた方がいいです。でも、詐欺のリスク
までは負う必要
はありません。これだけは、注意して下さい。

でも、疑ってばかりいてもチャンスを逃してしまいますよね。
ですから、私はこうしています。

まずは、国内で金融ライセンスを持っているか?金融庁監督の元、
正当な手続きで運用をしているかです。
これにつきますね。なぜなら
、私も金融ライセンスを取ろうと思って調べた事があります。

そして、ライセンス取得のハードルの高さに、絶対取れないとわかっ
たからです。
それをクリアするには、少なくとも志がないと出来ない
と思っているからです。

なので、ライセンスがあるかどうかを見て詐欺リスクを排除し、次に
実際の商品
の善し悪しで投資するか検討しています。

少し話が脱線しましたが、他にも詐欺を見分ける方法はいくつかあり
ます。
それは、なぜわかるかというと、私がトレーダーだからです。

そいういう意味でも、FXをやると、詐欺にあわなくなるというメリッ
トがありますね。

まとめると、投資信託は分散をする上で必要であり、否定はしません、
むしろ賛成です。でも、まともな金融商品は手数料が高く利回りが低
い、利回りが高いものは詐欺が多く、見分けがつかない。

であれば、リスクを抑えて、少額からスタートし、大きなリターンも
望めるFXをやってみたらいいのではないかという事です。

 

④ 先物取引

先物取引とは、金や石油、大豆やとうもろこしの取引です。ここで
は、詳細は説明しませんが、皆さんの周りででも、皆さん自身でも、
とにかく先物はやめとけ!って聞いた事ありませんか?

もう、それだけでいいと思います。

これも、初めにやるものではないという認識です。

ある程度、金融知識がないと手を出してはいけません。少なくとも、
先物と
現物の違いは説明出来ないといけませんね。

そして、FXは現物なのか先物なのか、どっちかくらいわからないと
・・・
という雑な説明ですが、ご理解下さい。

  

⑤ 預貯金や保険

預貯金は言うまでもないでしょう。これだけ低い金利ではどうにも
なりません。
保険に関しては、私の考えは保険はあくまでも保険で
投資ではないという事です。

例えば大手の外資系保険会社などは、多くの場合国債や日経225
ダウ平均などで運用をしています。

その運用益が高ければ、最終的に貰える金額が多くなるという事で
す。でも、直
接売買出来るのがトレーダーの魅力ですから、わざわ
ざそんな事しなくても・・
と思ってしまいます。

ですから、あくまでも保険は保険として考え、投資ではないという
認識です。

FXの可能性をまとめてみると

① 少ない資金でスタート出来る

② レバレッジを効かせてハイリターンも望めるし、ロウリスクに
もコントロール出来る

② 24時間、いつでも取引が出来る

③ 市場規模が大きい為、稼ぎやすく、ズルが出来ない世界

④ 自分の口座で運用するので詐欺のリスクはない

 

以上、私がFXを始めた理由、FXの可能性です。やってみて、ダメな
ら諦める。そのくらいでいいんです。
そう思ったら、やってみる価値
あると思いませんか?

 

1 仕手株

特定の投資家達が、意図的に多額の資金で、急激な株価の吊上げや吊下
げを行う銘柄の事で、それらを行う投資家達の事を仕手筋とか、仕手集
団と呼びます。

仕手株の特徴としては、株価が急落・急騰しますので、個人投資家は短
期で利益を得るチャンスがある反面、その逆の損失を出す恐れもありま
す。ただし、個人投資家は大抵損をして、仕手筋が利益を出すというの
が一般的です。

仕手筋がターゲットとしている銘柄の特徴は、新興企業などの株で、株
価の価値を正しく判断出来ないもの。それから、発行済み株式数が少な
い株、普段から出来高が多くない株(あまり取引がされてない株)が挙
げられると思います。

これらの株に大量に資金を投入し、株価を操作していきます。詳しくは
また別の機会にしようと思いますが、このように株価を操作出来るのも
、元々の出来高(取引量)が少ないから出来るという事です。

の点、FXの1日の取引量は600兆円ですから、いくら仕手筋が大量
の資金を持っているといっても、びくともしないのが、この
FX市場なの
です。