ファンダメンタルズ分析

2018.9 米雇用統計

投稿日:

米労働省が7日発表した8月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は市場予想の前月比+19.1万人を上回る+20.1万人。7日月は+15.7万人から+14.7万人へ、6月は+24.8万人から+20.8万人へと下方修正。失業率は市場予想を上回り3.9%となった。

【発表後のレート】
NY金:1,200.4 ▼3.9(0.32%)
プラチナ:780.4 ▼10.5(1.33%) 9/7(金)

ドル円:111.03 ▲0.37(0.33%) 9/7(金)

変わらずの強いアメリカですね。懸念材料があるとすれば、賃金上昇率でしたが、2009年からのリセッション以降で最大となり、労働市場が正常に戻った事を最終確認出来たとブルームバーグでも伝えていますね。

今月末のFOMCでの利上げが確実となり、相場も一気にドル高と思いきや、あまり反応が見られませんでした。もう、強いアメリカは織り込み済みのようです。ここ数年で、一番動かなかったんじゃないかな・・・

ニュースを見ても、大した話題にもなっていませんねw

イベントが終わり、トレンドも出ず、再びレンジです。レンジ幅を見極めていけば、結構勝てそうな相場ですね。

-ファンダメンタルズ分析

Copyright© お金の教科書 カルパチア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.