世界の国債格付け

国債格付け(ソブリン格付け)は、国の
債務履行能力を示し、信用度のを表す重要な
指標です。

主要格付け会社3社、ムーディーズ、S&P、
フィッチ、による世界の主要先進国や新興国、
TOP20の格付けです。

マーケットに多大な影響を及ぼすので、
なんとなくでも頭に入れておくと良いです。

こうやって見ると、日本て思っているほど高く
ないですよね?

それでも、世界では14位ですけど、
ついこの間まで、世界第2位の経済大国
だったわけですから、もっと上なのか
と思ってしまいます。

ちなみに、フィッチが日本の格付けを
27日、「A」維持とし、見通しを、
ネガティブから安定的に引き上げま
したね。

頑張ってTOP10には入って貰いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です