バイナリとFX・株との違い

私は長くFXトレードをやってきて、FXとバイナリトレードとの違いを感じる事があります。それは、FXはやはり投資で、バイナリはギャンブルに近いものを感じる事です。

 

FXはギャンブルか?否か?と聞かれると、間違いなく投資ではあるが、質問をしてきた人を納得させるだけの言葉が見つかりません。

 

それでも、FXは投資と断言できます。

 

しかし、バイナリは、投資か?否か?で聞かれたら、ギャンブル的要素が高いと思っています。それは、例えば取引量の事を、掛金と言ったりするのもそうです。FXでは取引量は、枚とか、ロットと言います。

 

FXでは、掛金という言葉は違和感を感じますし、使う事もありません。

 

たた、私がここで言いたい事は、投資はOKで、ギャンブルはダメという事ではないです。仮にギャンブルだったとしても、投資的に考えて、しっかりとルールを作り、徹底的にそのルール通りの取引をすれば、利益を出せるという事です。

 

しかも、バイナリは、競馬や競輪などとは異なり、上か下かだけの、フィフティフィフティーです。こんなにやりやすいギャンブルはありません。しかも、勝てば、1.7倍~2.0倍、中には2.2倍なんていうのもあるんですから、これは本当に面白いですよね。

 

そして、何よりもその可能性を感じるのは、難しい事はそれほど覚えたり、勉強したりせずに勝てる事です。現在私がやっている取引手法は、大方、資金管理のみです。

確かに、ある程度、相場を読み解く力は必要かもしれません。

それでも、1週間もやれば、なんとなく相場の癖が見えてきます。そんな程度でやるのが1番良いです。

 

よく猿でも出来るFXとか、猿でもわかる株式とか、ありますが、なんとなく猿の方が成績が悪いイメージでそんなタイトルをつけてますよね。でも、実際は、少しだけ勉強した素人と猿とでは、猿の方が成績が良いという研究結果で出ています。

要するに、中途半端に勉強しても相場は勝てないよ!やるなら徹底的にやりなさい!という教訓でもあり、事実なのです

しかし、バイナリは、FXや株みたいに難しい事を勉強する必要はありません。なぜなら、50%の確率でそもそもが勝てるからです。この場合の勝てるというのは、資金が増えるという意味です。

更に、中途半端に勉強するならやらない方が良いという研究結果が出ているわけですから、忠実にそれを守る方が、勝つ為の秘訣になるのではないでしょうか。

 

バイナリはギャンブルか?否か?で答える事は出来ませんが、ギャンブルを投資的に考えて、利益を出すことは決して難しい事ではないです。

 

では投資的に考えるというのはどういう事でしょうか?

 

繰り返しになりますが、それは、資金管理と、徹底してルールを守り、メンタルで勝つ!という事です。

 

これなら出来そうじゃないですか?

 

バイナリは、投資金額(掛金)が、エントリーの時に決まっています。ですから、当然、負けた時の損失額も決まっています。そしてその金額が、自分にとって、負担にならないか、そんなところから、資金管理を行えば良いのです。

 

もし、心臓がバクバクするようなら、もう少し投資金額を小さくすれば良いですし、慣れてくれば、大きくすればよいです。たったそれだけ。

 

そして、ノートに何回エントリーして、何回勝ったのか、負けたのか、そんな事を時間毎に記録していけばOKですね。自分の悪い癖を見つけて改善していけばいいだけです。

 

取引のロジックなどなくても、それだけを記録していけば、意外と勝って行けますよ。難しいロジックを勉強するより、こういったところに時間を割くようにすると、結果がでますね。

 

なぜなら、繰り返しになりますが、資金管理で勝てる!からです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です