バイナリーオプション業者の選び方

まず、比較・検討する材料としては、日本国内の業者か海外業者か、に
なります。選択する基準としては、①会社の信用度、②サービス、③税
金の3点で比較してみたいと思います。

 

①会社の信用度

 

何を以って信用度とするかは様々な見解があると思いますが、基本的に
は破綻リスクという事で、どれだけ大きな会社か?というのが信用度に
なります。

単純に売上げ、資本金、自己資本比率などで見るのが本来ですが、一般
的には知名度や金融ライセンスがあるのかないのかくらいで判断すれば
良いと思っています。

そういう点でいうと、やはり国内の方が圧倒的に信用度は高いと言えま
すね。基本的に国内の取引業者は、バイナリーオプションのみを取り扱
っている業者は少なく、証券会社やFX業者がバイナリーオプション取引
も一緒に運営していますので、金融ライセンスをしっかりと持って、健
全な運営をしていると考えられます。

勿論、バイナリーオプションのみの取引業者もあるのですが、それらは
、ホワイトラベルと言って、国内では金融ライセンスが取得出来ない為
、海外(オフショアなど)で法人を設立し、金融ライセンスを持たずに
日本で営業を行っている業者がほとんどです。

ですから、国内で金融ライセンスを持っている会社であれば、大きな問
題はなく、基本的には信用して構わないと思っています。

逆に、海外の取引業者は、先程話した、ホワイトラベルなのか、それと
も海外の本国で金融ライセンスを取得している会社なのかをしっかりと
見極めなくてはいけません。

また、本国での金融ライセンスを取得していたとしても、その金融ライ
センスがどの程度のものなのかを調べる必要があります。

日本国内でも金融ライセンスは5種類あり、簡単に取得出来るものから、
手も足も出ないものまであります。ですから、当然、海外にも段階があ
る事を調べるべきでしょう。

しかし、言うは簡単ですが、英語の壁も、海外の法律の壁もあり、具体
的に調べ尽くせる程、簡単ではありません。ですから、手軽に調べられ
る、そして手軽に取引をスタート出来る、と考えると、国内業者に軍配
が上がると思っています。

そして、そもそも金融ライセンスがあるとないとでは何が違うのか?で
すが、一言でいうなら、お客様から預かっている資金を、分別保管して
いるか?(国内では信託保全といいます)になると思います。

この分別保管というのは、仮にバイナリーオプション会社が破綻をして
も、お客様から預かっている資金は、別の金融機関(銀行)が保管・管
理をしている為、全額返ってくるという仕組みです。

バイナリーオプション会社はお客様のお金には一切触る事が出来ないの
で、横領や詐欺は絶対に出来ません。ですから、安心して資金を預けら
れるという事です。

ですから、金融ライセンスがない会社、例えばホワイトラベルのような
会社は、横領・詐欺リスクが非常に高く、実際に多くの被害者が出てい
ます。

勿論、分別保管をしている事はありませんので、お客様から預かった資
金を、別の用途(会社の経費、社員の給与、社用車という名の高級自家
用車、社宅という名の超高級自宅など)に使う事が可能です。

ですから、出金依頼をかけても、実際には会社にお金がない、なんて事
が沢山あり、国民生活センターにその相談が止まらないのです。


ですから、破綻していなくても実質破綻を意味していますので、気をつ
けなくてはいけません。ポイントは分別保管をしているか、していない
のか、です。それを見わける唯一の方法が、金融ライセンスがあるかな
いかです。

会社のHPやアフェリエイターの説明で、分別保管をしているから安心な
んて言葉はダメですよ。唯一の方法が金融ライセンスの取得ですからね。
しっかりと見極めましょう。

まとめると、基本的には国内の証券会社が信用度は高いが、海外の本国
の金融ライセンスを取得している業者であれば、同じように信用度があ
ります。

しかし、海外の業者はその金融ライセンスを調べる事が少し困難な為、
国内の業者に軍配!!となります。

 

②サービス

 

これからバイナリーオプション取引をスタートしようという人には、特
に、このサービスという事を意識して貰いたい思っています。

サービスとは具体的には何か?なのですが、取引をスタートするまでに
必要な手続き、(口座開設や入金方法など)、そして取引をどのように
するのかなどの、取引の仕方や仕組みの説明、それから、取引中のトラ
ブルのフォローなど、が考えられます。

国内は勿論、サポートセンターがありますから、直接オペレーターと日
本語で話が出来ますし、メールでのサポートもあり、とても安心出来ま
す。

では、海外業者はどうかと言うと、メール対応のみであったり、チャッ
トでの対応であったり、そもそも英語のみであったりと、少し勝手が悪
いです。

サポートが充実している業者は日本語での電話対応もありますが、オペ
レーターが外人で上手く話が伝わらなかったり、また、対応が雑であっ
たりと、何かと面倒な事が多いです。

資金の入金方法1つとっても、クレジットカード、直接送金、ネッテラ
ー経由など、初めての人はわからない事だらけでしょう。クレジットカ
ード入金は、入金金額以上のクレジットカード出金は出来ませんし、バ
イナリーオプション取引をするのに、まず、その窓口となるネッテラー
の口座開設が必要になるとか、更には日本人のネッテラーの口座はロッ
クがかかり出金が出来なくなった等、とにかく意味がわからない事だら
けなはずです。

そこに来て、どうすれば良いかをメールや電話で話をしても上手く伝わ
らないわけですから、凄いストレスでしょう。実際には、話を複雑に絡
めてしまったのはお客様で、本来の手続きとはかけ離れた話をしている
事がほとんどです。しかし、その絡まった紐を解いてあげるのがサポー
トなわけですから、雑な対応をされると、本当にストレスですよね。

 

実際に私が体験した、我々日本人では考えられない事をお話しますと、

 

口座開設を検討していると電話をして、口座開設に必要な書類を確認し
、入出金方法を確認しようとしたら、営業時間が過ぎたので、明日、ま
た連絡下さいと電話を切られました。

まだ、営業時間ですよね?と聞いたら、こちらでは、本日夕方からレイ
バーデーに入り9連休になるとか、そんな話をされました。という事は、
明日電話してもいないという事ですか?と尋ねると、私はいないが別の
人間がいます・・・。

じゃ、今も別の人間にかわれよ!と話をしたら、電話をかけなおして下
さいと電話を切られました。で、電話をかけたら別の人間が普通に対応
してくれました。

要は、営業時間じゃなく、お前が帰るって事かよ!って感じですよね。
全くもって信じられない対応です。

しかし、何となく海外の人なら・・・と私も諦めてしまいました。
どちらにしても、ちょっとしたストレスです。

こんな事が、自分の大切なお金を取引している最中に、何らかのトラブ
ルで電話をしたにもかかわらず、もし、このように対応されたら、本当
にストレスだな~と思います。

我々日本人は、世界最高のサービスを常に受けて生活しています。です
から、誠実に対応される事が当たり前になっていますが、海外では決し
てそうではないのです。

海外業者は、取引をさせてやっているんだぞ!という考え方なのです。
これは、国民性の問題であり、海外業者が悪いわけではないのです。そ
ういった事もしっかりと受け入れなくてはいけない事が、日本人の我々
はストレスになるのではないかと思っています。

まとめると、初心者であればあるほど、日本人から日本語のサポートを
受けた方が良い!です

 

③税金

 

バイナリーオプションの税金は、FXと同じです。ですから、利益の
20%、1年間の利益が20万円未満であれば申告は必要ありません。とい
うのが、国内の業者を使った場合です。

海外の場合は雑所得になる為、利益が多い人は、最大で45%持っていか
れます。雑所得というのは、所得税になりますから、ご自身の給与と合
わせて計算します。下図を参考にするといいです。

まとめると、税金は圧倒的に国内業者の方が有利です。ただし、ご自身
の年収が低い場合や、税金対策をしている方は、海外の業者の方が有利
になる場合も、「多々」あります。

 

ここまで話をしてみて、皆さんは、国内と海外どちらが良いと思いまし
たか?勿論、多くの方は国内の業者と感じたと思います。

私もそうです。しかし、実際には私は海外の業者を使っています。

それはなぜか?

 

国内の業者には、ものすごい欠点があるからなんです!!

それは金融庁が法改正をした為に起こった、とんてもない欠点なので
すが。それは何かというと、2時間に1回しか取引が出来ない事です。

もしかしたら、それはちょっと違うぞ!とおりを受ける表現かもし
れませんし、その通り!と言ってくれる人もいるかもしれない表現な
のですが、私はそのように解釈しています。

これは、国内の法律によるものなので、国内業者全てがその対象となっ
ています。

どういう事かというと、様々な取引形態がありますが、その判定時刻が
2時間に1度というのが、国内では決まっているのです。ですから、1日
でいうと、最大で12回、メンテナンスがあるので、大方11回しか取引
が出来ないのです。

これでは短い時間でグルグル資金を回していく事が出来ないという事で
、これはとんでもない落とし穴です。金融庁は、バイナリーオプション
は、上がるか、下がるかだけを予想するギャンブル性が高い取引という
事で、規制を設けたとの事ですが、1日に最大で11回ではエントリーチ
ャンスが少な過ぎですよね。これでは、利益が全く出ません。

もし利益を出そうとしたら、物凄い金額を投資するか、勝率を限りなく100%にするしかないです。大きな金額を投資する事になる方が、よっぽどギャンブル性が高くなると思いますが、本当に金融庁は何を考えているのか・・・。これでは、国内の業者で取引する人は、まずいないでしょうね。

ですから、国内業者か海外業者かで言えば、100%海外になります。

では、海外業者で①~③の問題をクリアしている業者はどこか?
になりますよね。

それは、次回、安心して取引出来る海外取引業者を参考にして下さい

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です