自己紹介

投資と投機、その違いは?

更新日:

金融を初めて20年。どうでもよい知識がどんどん増えていきます。
世界の共通通貨が「銀」だった時、その多くはメキシコ産の銀だよ!
とか・・・・w

でも、表題に記載した事は、必ずその区別を自分の中で見つけた方
がいいでしょう。答えは人それぞれかもしれません。答えもないの
かもしれません。それでも、その答えを見つけるべきです。

実は、私が投資家のカバン持ちをしていた際に、その投資家に言わ
れた事です。真剣に考え、自分の中で1つの答えが出ました。

皆さんの参考になるといいな・・・

「投資と投機の違い」

投資と投機の違いは、資本に投じるか、機会に投じるか、短期なのか長
期なのかが一般的ですが、私は、人や社会、未来を育てるのが投資で
自分の為、私欲の為に行うのが投機と考えています。

ですから、投資家は常に責任ある投資が求められていると考えていま
す。

皆さんは「SRI」を御存じでしょうか?これは、社会的責任投資と言っ
て、「CSR」(企業の社会的責任)の活動状況を考慮して行う投資の
事をいいます。

CSRを具体的に話すと、例えばスターバックスなどは、フェアトレード
を行っており、発展途上国だろうと、先進国だろうと、適正価格で公平
な仕入れや、職場環境というのを作り、発展途上国の生産者や労働者の
生活改善と自立をサポートする公平な取引を行っております。

日産自動車は、CO2の排出量削減を2005年対比で20%削減など、環境
に配慮していたり、富士フィルムでは、女性の管理職を増やしたり、障
害者の雇用を積極的に行うなど、しています。

そういった、CSRを行っている企業に投資をしていくのが、SRIです。

ですから、野村證券などは、自社のCSR活動として、SRIを積極的に販
売していくという事も行っており、教育・保健・インフラ・行政・農業
・環境等の幅広い分野のプロジェクトを支えるための資金集めの手助け
をしています。

また、「SRI」と同じく「ESG投資」というのも世界で急伸していま
す。ESGというのは、環境、社会、ガバナンスの英語の頭文字を取った
もので、企業の長期的成長には、この3つの観点が重要とされるもので、
企業がどれだけ配慮しているか、そして配慮している企業に投資をして
いこうというものです。

そして、SRIとESGを合わせて、世界ではどのくらいの資金が投資され
ているかと言うと、約6200兆円だそうです。100年に一度の金融危機と
言われたリーマンショックの時で、世界では4000兆円のお金がなくなっ
たと言われています。

しかし、その1.5倍の資金が、今では社会的責任投資として運用されて
いるという事です。この数字を皆さんはどう考えますか?

この数字が、投資と投機の答えなのかと私は感じています。

現代は、本当にお金が大きな力を持っています。それらをどう使うのか
?その責任が問われる時代という事です。社会に責任を持ち、自分の投
資に責任を持ち、

本物の投資家を共に目指す!

 

それが、我々の使命であり、そんな仲間を増やしていきたいです。

次回は・・・

儲けると稼ぐ、資産形成と資産運用、の違いも話してみたいと思います

 

 

 

-自己紹介

Copyright© お金の教科書 カルパチア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.