100年債

2017年7月、アルゼンチンが100年債を出す計画がある事が話題に
上がっています。実際には計画段階ですが、アメリカでも、3月の
記者会見の場で、トランプ政権もそのような考えがあると口にしま
した。

100年債は、100年後の元本償還まで、毎年利子を払い続けます。
現在、世界的に超低金利ですから、何れ金利が上がる事を考えれば
今のうちに低金利で資金を調達したいという考えですね。

30年債が超長期と言われている中で、100年ですから、かなり気の
遠くなる期間です。しかし、世界を見てみると、ベルギーやアイル
ランド、メキシコなどで既に発行されており、またイギリスではコ
ソンソル公債という永久債を発行しています。

永久債というんは、元本がいつ償還されるかわからないという債権
で、償還されるまで永遠と利子が支払われます。これは考え方によ
るのかもしれませんが、例えば10年債が10年後に償還されても、再
度10年債を買い、またその10年後に償還、購入と、繰り返していれ
ば、結局は永久に債権投資をしている事になるのでは?

という事です。保険会社や年金基金などの長期リターンを確定した
い企業にとっては魅力的な債権と判断されているようで、人気があ
るようです。

更に、100年債は企業も出しています。ウォルト・ディズニー、コカ
・コーラやフォードなど米国を代表する企業やハーバード大学など50
近い発行体が100年債を相次ぎ発行しました。

そして近々でも、鉄道大手のノーフォーク・サザンが償還期限を2105
年とする社債を年6%の利率で発行し、続いて、オランダの大手金融グ
ループ、ラボバンクも年5.8%で100年債を発行しています。

あまり耳にした事がない債券ですが、比較的人気があり、更に発行する
側は現在の低金利の時代であればメリットも大きい事から、世界中で発
行するかどうかの議論がされています。

裏を返せば、そろそろ金利が上昇してくるのか?金融引き締めがスター
トしてくるのか?などが考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です