ファンダメンタルズ分析

米雇用統計

投稿日:

2017年12月

米労働省が8日に発表した11月の雇用統計
(NFP)は、市場予想の19.5万人増を大き
く上回る22.8万人増でした。

10月が26.1万人増から24.4万人増へ下方修正
9月が1.8万人から3.8万人へ上方修正

失業率は、市場予想の4.1%通りでした。

【発表後のレート】
NY金:1,248.4 ▼4.7(0.38%)
プラチナ:883.7 ▼10.8(1.21%)
ドル円:113.49 ▲0.41(0.36%)

今月は雇用統計、FOMCと日程がタイトで
した。大方の予想通り、雇用統計も良く、
FOMCでの利上げも行われました。

アメリカの景気は順調に回復し、上向きに
ある事が確認され、来年の利上げも3度行
う事に変化はないと確認されています。

今年は平均すると月に17万4000人の雇用が
増えています。昨年は18万7000人増でした
から、これは完全雇用に近い状態と言って
いいと思います。

来年もこのまま順調に景気を拡大してもら
いたいですね。

-ファンダメンタルズ分析

Copyright© お金の教科書 カルパチア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.