米雇用統計

2018年2月

米労働省が2日に発表した1月の雇用統計
(NFP)は、市場予想の18.0万人増を上回
る20.0万人増でした。

12月が14.8万人増から16.0万人増へ上方修正
11月が25.2万人増から21.6万人増へ下方修正
失業率は、市場予想通りの4.1%でした。

【発表後のレート】
NY金:1,337.3 ▼10.6(0.79%)
プラチナ:999.4 ▼8.4(0.83%) 2/2(金)
ドル円:110.18 ▲0.78(0.71%) 2/2(金)

今回の発表で印象的だった事が賃金の上昇率
です。前年比で2.9%増加でした。通常、イン
フレ率2%を達成する為には、賃金上昇率は3
%必要とされており、それを達成したという
事になります。

その為、今年はインフレ率上昇が鮮明となり、
FRBの利上げが昨年ペースアップすると考え
られます。

その事から、10年債の金利上昇を嫌気する
形で、株価が急激に落ちました。

週明けには、過去最高の下落を記録し、金曜、
月曜で、2000ドル以上の下落です。

景気はいいだけに、押目という見方が強く、
狼狽売りに注意したいです。

本当の成功哲学を知る

「ピアニストになりたかったらピアノ教師には習うな」と
いう言葉があります。

ピアニストになれなくてピアノ教師をしているので、その
先生に習ってもピアノ教師までしかいかないので、直接ピ
アニストから習いなさいという例えです。

成功哲学の本を沢山読んでいる人は「成功とは何か」をよ
く語りますが、きちんと成功している人からの「教え」か
どうかを振り返る事が大切です。

ドル円のレンジ予想

1月30日 20:30

抵抗や抵抗帯に迷った時は、是非参考にして
下さい。

上値抵抗 108.80、109.20、109.54

下値抵抗 108.27、108.00、107.31

トレンドは変わらず下です。戻りを売る戦略
です。

108.4を抜け直近の下値目安は、108.27です。
それを抜けると107.31ですが、その下はもう
何もないですね。

一旦は107.31で止まるとは思っています。

テクニカルでも、ファンだでも下なので、今
は、とてもやり易いと思います。

抵抗をしっかりと確認して、ストップを広目に
とり、日々同じ戦略ですすね

1月25日 19:00

抵抗や抵抗帯に迷った時は、是非参考にして
下さい。

上値抵抗 109.27、109.48、110.09

下値抵抗 108.73、108.40、108.00

トレンドは変わらず下です。戻りを売る戦略
です。

順調に落ちています。108.4に到達したと見
るか、未到達と見るかは意見がわかれますが、
何れにしても目線は下ですから、売り優勢で
すね。

現在は、日銀の金融緩和政策の終了を先読み
しての下げです。ファンダメンタルは既に織
り込んで来ています。

長く続いたドル円のレンジも、今年は終わり
を告げて、一段変化する可能性がありますね。

それでも、まだレンジ内ですから、短期でト
レンドを見て、取引したいです。

 

早速自分のチャートにラインを引いて、
レンジ帯や有効なラインを見つけてみ
ましょう!

 

行動力を磨け

世界的に有名なモデル、萬波ユカさん。

一度看護士の職に就きましたが、どうしてもモデルの夢が諦
められず何のツテもコネもなしに上京して、モデル事務所の
ドアを叩きました。

その2か月後には、フェンディの東京のショーに大抜擢。
それから立て続けにミラノコレクション、パリコレ、ニュー
ヨークコレクションと快進撃は続き、今では「世界で売れて
いるモデル」のひとりになりました。

やはり成功する人は「行動力」が違いますね!