儲けると稼ぐ、資産形成と資産運用の違いは?

金融を初めて20年。どうでもよい知識がどんどん増えていきます。
アメリカ大陸が発見される、もっともっと前は、世界は物凄く小さ
く、その小さな世界、例えばヨーロッパでは、当時貴重であった、
「塩」が兵士に給料として支払われていました。

塩をラテン語でサラリウムといい、英語のソルトの語源でもあり、
サラリーマンのサラリーの語源でもあります。給与を貰いながら
生活する人は、昔は塩を貰いながら働いている人だったんですね。

さて、それはどうでもよく・・・w

 

「儲けると稼ぐの違い」

収入を得るには、3つの働き方があります。自分で働く、他人が働
く、最後はお金が働く、です。この中で自分が働くのは稼ぐ、お金
が働くのは儲ける、とわかやすいですが、他人が働くのはどちらで
しょうか?

他人が働いても、収入は他人のものです。ですが、自分の為に他人
が働けば話は変わってきます。では、どうしたら、自分の為に他人
が働いてくれるのでしょうか?

そこを考え、仕組みを作るから、「儲ける」になるのです。

要は、仕組みを考える事が、儲ける事に繋がるよ!と私は考えてい
ます。そうやって考えると、この世の中には仕組みを考えて儲けて
る人沢山いますよね。

フランチャイズやAKB商法などは有名ですが、実は、皆さんが普通
に働いている自分の会社もそうですよね。仕事は分担されていて、
個人の負担が少なく、決まった仕事を繰り返すだけです。会社から
すると、最も効率が良いわけですね。

働く環境を良くし、少ない給与で、自分の為に働いてくれるわけで
すから、本当にありがたいです。しかし、その仕組み作りは決して
簡単ではありません。

誰からも共感を得る事が出来ず、誰からも相手にされず、逆に非難
される事すらあります。そこをどう改善し、多くの人から理解を得
るのか、そこがポイントです。

ですから、私は、儲けると稼ぐの違いはこう定義づけています。

「頭を使うのが儲ける、体を使うのが稼ぐ」

 

です。頭を使いましょう!色々な社会の仕組みからヒントを得て、
稼ぐのではなく儲ける事を考えましょう。

そして、その一番早い方法は、他人を働かせるのではなく、自分の
お金を働かせる事です。そしてその時に頭を使うのです。良い環境
で働かせれば、喜んで働いてくれるからです。

お金にとって良い環境?それを考えるのが、儲ける事です!!

 

「資産形成と資産運用の違い」

この違いは、正直とても簡単です。漢字の意味を考えれば明らかで
すよね。しかし、多くの人がこの違いを理解していません。

資産形成とは、資産を作るという事です。そして、作った資産を運
用するという事ですよね。ですから、厳しい言い方をすれば、資産
形成が出来てない人は、運用が出来ないという事です。

まずは資産を形成しましょう!

そして、ここでも頭を使うのです。上手に資産形成をする人は、や
はり収入を増やす事を考えます。しかし、中々上手くいかない人、
もしくは頭を使わない人が、まずやる事が、「節約」です。

アイデアが浮かばないから、切り詰める事くらいしか出来ません。
更に、一発大逆転的な発想で、ギャンブル、宝くじ、などに手を出
しがちです。

収入を増やす事を考えるべきです!

そして、一度資産を形成したら、後は運用すれば良いのです。資産
が多ければ多いほど、運用も容易で、目減りも少ないのです。資産
がないのに、運用を始めようとするから、何も上手くいかないし、
実はスタートすら出来ない人が多いです。

もっともっと、頭を使いましょう!

アイデアを皆で出し合って、助け合いの精神で、カルパチアは資産
形成とその後の運用を手助けしたいと思います。

ドル円のレンジ予想

5月29日 15:00

抵抗や抵抗帯に迷った時は、是非参考にして
下さい。

上値抵抗 111.41、111.61、111.84

下値抵抗 111.09、110.86、110.75

現在トレンドはフラットです。レンジ内で、
上にも下にもブレイクしそうですね。

最大レンジ幅としては、110.2~112.0付近
です。目先のレンジは110.8~111.4ですね。

小幅な値動きですが、現在の111.25付近か
らは、一旦のショートと見ています。どこ
まで伸びるかわかりませんが。

一度、下を試した後に、上に向かい、レン
ジ相場を作るとみています。

本日は、アメリカ休場でしたかね。確か・

明日からが今週のスタートになりそうです

早速自分のチャートにラインを引いて、
レンジ帯や有効なラインを見つけてみ
ましょう!

米経済強し!

先週、ナスダックが史上最高値を更新しました。この強い米経済は一体
いつまで続くのでしょうか。

今年になり、NYダウが12営業日連続高値更新をしたのは、本当に強い米
経済を感じさせましたね。

2月末の話でしたが、あの時は金融株は売られたものの、公益株が買わ
れて相殺されながら、全体では上昇をし続けました。現在NYダウも2万
ドルを維持し、更に更新をしていくような勢いですね。

トランプ政権が誕生し、徐々に政治的な不安要素が見えて来ました。
それでも、世界を代表する米企業がアメリカ経済を支えて、株価を押し
上げています。

マイクロソフフト、コカコーラ、ナイキ、ディズニーなど、誰もが知っ
ている企業です。これらの特徴は、世界経済が上向けば、その分だけ、
企業の業績も上がって行くという事です。

グローバル企業というのはそういうものだし、世界経済を引っ張るアメ
リカも、世界が上向けば、アメリカも上向くとい事です。

しかし、アメリカが下向けば、世界も下向くという、相関関係も見逃せ
ません。

現在、一部の経済学者は、アメリカはバブルに入ったと警告していま
す。その裏付けとなる指標の1つが、CAPEレシオです。CAPEレシオと
は、イエール大学のロバート・シラー教授が考案したもので、物価変動
の影響を除いた実質ベースの株価が、過去10年間の平均的な企業利益の
何倍かを示す指標です。

この数値が25倍を超えると、株価が暴落する恐れがあるとされていて、
過去の統計を見ると、

1929年の大恐慌の直前(CAPEレシオ:30倍)。その後1933年の5倍に
まで下落。

2回目は2000年3月までのIT株バブル。利益がまだないITべンチャーの
株が、ドット・コムの社名だけで高騰したため、CAPEレシオは45倍
という高値でした。市場は、企業利益を3倍大きく見ていたわけです。

2000年4月から23倍に下げています。

3回目が2007年のサブプライム・ローンバブルの時期、CAPEレシオは
27倍でした。その後2008年にリーマンショックとなり、大混乱の後に、
2009年3月には15倍にまで下げました。

そして現在、4回目の25倍超えが3年も続いています。

過去135年で3回しか25倍を超えた事がなかった指標が、現在は約3年間
、超え続けているのです。そして、今年の3月、4月にはとうとう、29
倍にまで上昇しています。

これをどう見るか?ですよね。FRB議長のイエレンやIMFのラガルド専
務理事は、バブルとはっきり明言していますし、その為の金利引き上げ
など、対策をFRBはしているわけですから、警戒をしていて間違いはな
いでしょう。

今後も、CAPEレシオは注目ですね。

投資と投機、その違いは?

金融を初めて20年。どうでもよい知識がどんどん増えていきます。
世界の共通通貨が「銀」だった時、その多くはメキシコ産の銀だよ!
とか・・・・w

でも、表題に記載した事は、必ずその区別を自分の中で見つけた方
がいいでしょう。答えは人それぞれかもしれません。答えもないの
かもしれません。それでも、その答えを見つけるべきです。

実は、私が投資家のカバン持ちをしていた際に、その投資家に言わ
れた事です。真剣に考え、自分の中で1つの答えが出ました。

皆さんの参考になるといいな・・・

「投資と投機の違い」

投資と投機の違いは、資本に投じるか、機会に投じるか、短期なのか長
期なのかが一般的ですが、私は、人や社会、未来を育てるのが投資で
自分の為、私欲の為に行うのが投機と考えています。

ですから、投資家は常に責任ある投資が求められていると考えていま
す。

皆さんは「SRI」を御存じでしょうか?これは、社会的責任投資と言っ
て、「CSR」(企業の社会的責任)の活動状況を考慮して行う投資の
事をいいます。

CSRを具体的に話すと、例えばスターバックスなどは、フェアトレード
を行っており、発展途上国だろうと、先進国だろうと、適正価格で公平
な仕入れや、職場環境というのを作り、発展途上国の生産者や労働者の
生活改善と自立をサポートする公平な取引を行っております。

日産自動車は、CO2の排出量削減を2005年対比で20%削減など、環境
に配慮していたり、富士フィルムでは、女性の管理職を増やしたり、障
害者の雇用を積極的に行うなど、しています。

そういった、CSRを行っている企業に投資をしていくのが、SRIです。

ですから、野村證券などは、自社のCSR活動として、SRIを積極的に販
売していくという事も行っており、教育・保健・インフラ・行政・農業
・環境等の幅広い分野のプロジェクトを支えるための資金集めの手助け
をしています。

また、「SRI」と同じく「ESG投資」というのも世界で急伸していま
す。ESGというのは、環境、社会、ガバナンスの英語の頭文字を取った
もので、企業の長期的成長には、この3つの観点が重要とされるもので、
企業がどれだけ配慮しているか、そして配慮している企業に投資をして
いこうというものです。

そして、SRIとESGを合わせて、世界ではどのくらいの資金が投資され
ているかと言うと、約6200兆円だそうです。100年に一度の金融危機と
言われたリーマンショックの時で、世界では4000兆円のお金がなくなっ
たと言われています。

しかし、その1.5倍の資金が、今では社会的責任投資として運用されて
いるという事です。この数字を皆さんはどう考えますか?

この数字が、投資と投機の答えなのかと私は感じています。

現代は、本当にお金が大きな力を持っています。それらをどう使うのか
?その責任が問われる時代という事です。社会に責任を持ち、自分の投
資に責任を持ち、

本物の投資家を共に目指す!

 

それが、我々の使命であり、そんな仲間を増やしていきたいです。

次回は・・・

儲けると稼ぐ、資産形成と資産運用、の違いも話してみたいと思います

 

 


挑戦せずに諦める事なんて出来ない

何かを始める事は怖い事ではない。怖い事は何も始めない事だ。

バスケットの神様、マイケル・ジョーダンの言葉です。バスケット
シューズの名前にまでなっている偉人ですから、多くの人が彼を知
っているでしょう。

しかし、彼は高校時代は無名の選手で、1年生の時にはチームにも所
属出来ない程でした。ですから、大学に進学する際にバスケットを続
けるか悩んだそうです。

そんな彼が、バスケットの歴史に名を刻み続けているその時に、一度
引退をして野球を始めたのは知っていますか?

成績は、目に留まるようなものではなく、一軍に昇格する事もなく、
一回りも年下の選手達や、マスコミからもバカにされ、それでも挑戦
した彼は、いったいどんな気持ちだったのか。

野球を辞め、バスケに復帰した彼を見て、そして彼が引退後に話した
一言が全てを物語っていると思っています。

挑戦せずに諦める事なんて出来ない!